忍者ブログ
| Home | About | ごあいさつ | 風 感想 | 風 妄想 | 風 その他 | 史跡巡り | | 雑記 | Other |
[14]  [15]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5
観ました...観ましたよ...!!

風を継ぐ者!!!!!

ほううぅぅ!!!!
☆.。.:*(嬉´Д`嬉).。.:*☆ 

全力でネタバレします!!!!
風に絡めて展開予想とか盛り込むので
注意してくださいね!!!
そして、長いです。。。
 
――――――――――

先に断っておきますが...、ど・初心者です。何もかも。
率直に思ったことをつらつら書きます^^
色んな方の色んな感想も聞きたいです。
コメ・拍手コメ、楽しみです♪


■■■

とりあえず何の前情報なしに観ました。


面白かったーーー......


上川さんテラかっけーー!!!!!!
テラテラテラテラテラかっけーー!!!!!!



あのね、登場シーンがふわぁ...!!って感じ。 ???
ひらり...ドン!!って感じ。


そして近藤さんは出ないのね。
あれだよね。風を継ぐ者の新選組は、土方さんと沖田さんのラブストーリーだね。
(腐的な意味では無く)
風もそうなんだろうか。
近藤さんと土方さんの夫婦愛ではなく、
土方→沖田の兄弟愛。

「労咳は死の病です。もしそうなら、奴に出来るだけのことをしてやりたいんです」

この一言に、彼の沖田さんへの深い愛情を感じる
土方・沖田を描きたくなった。


上川さんは凄いなぁ。華があってどっしりしている。
役だからそうしてるのかなぁ?
あと、容疑者Xの犯人役・近江谷太郎さんが、長州浪人役で物凄い良かった。
上川さんと並んで華のあるかただった...というかテライケメン。
雰囲気があってカッコいい。
Xのときは物凄い地味な役だったのに、こっちでは燃え盛る炎... 青い炎のようで凄かった。
役者さんは凄い。

土方さんは赤い炎かな。
まんま風...というか風がこの作品を受けて作られてるから、そりゃそうだよね。
風の土方さんから「もろさ・弱さ」を抜いて、「超ちゃめっけ」をプラスしたのがこの土方さん。
でもベースは一緒で、燃え盛る赤い炎。
彼こそ新選組。


あと、良いと思ったのは、仇討ち姉弟・お姉さん。
きりりと強く、そしてしたたか。こわい女で、弱く優しい。
すごいかっこいい悪女だった。
すごい役者さん。ラストのUP顔なんて、ものっっっっっそい悪オーラが出てたし...凄い。
ゾクゾクした。わくわくした。


DVDは生じゃないけど、
カメラのズームで顔のひとつひとつ、汗の一滴一滴が見えるのが良いねーーー!!!!!
主役の走る人、汗ハンパなかった。
全身全霊なんだな演技が。
でも土方さんは汗だくでないのが正解だし、そうしてるんだと思う。

沖田せんせいは可愛かった。
沖田長身説だから見た目的には可愛らしい感じだけど、
顔と心のピュアさが良かった。

!!!!
あとね、すっかり油断してた!!!!!!
池田屋!!!!!

ぎゃぁぁああぁぁぁあぁぁぁ∑(〇Д◎;;;ノ)ノ<KAKKETSU...!!!!!

風では無かったから!!!! ←
すっかり”そっちモード”で。何にも考えずに見てたから、本当に叫んだ。
あー心臓に悪い......


つぐみちゃん...セイちゃんに負けねぇ気の強さ。
というかセイちゃんより強いw
凄いぞあの子。

妹ちゃんはキョトン顔の天才wwww
おばうえはXのお弁当屋のおばちゃんwwwww
勘定方のお兄ちゃんは、はんにゃ金田氏にしか見えないwwwwww

あと良いと思ったのは先生。お父さん。
かっこいい。ああいう人間になりたい。



刀を使った殺陣は凄い良かった!!!!!

その中でも、一番綺麗に刀を振っていたのは土方さんだった(剣道経験者談)
剣道やってたのかなぁ…?
近江谷さんも上手い。ふたりの対決なんてヤバイくらい殺気立ってる。
ライティングも綺麗。
刀が反射する、青白い光がキラッ キラッ っとなるのがかっこいかった~…///
ライティング、凄い綺麗。(2回目)
Xでも思った。電話BOXが四角の形で、わかりやすいって。


ひょんなことで(って書いたら失礼だけど...)殺して殺されてって実は凄いことなんだなって。
改めて 【幕末】 の時代のうねりというか...勢い、
言っちゃえば馬鹿馬鹿しいまでの 【武士道】 を感じた。
仇を討って討たれて、それが永遠と続くなんて... なんなんだろう、と考えた。
生きていてほしい。
奪うためでなく、守るために刀を振るう。
生きる。守る。
難しいなぁ...

そうかぁ...たった10年でベースボールかぁ... 凄いよなぁ...



一番涙腺がヤバかったのは、仇討ち姉弟・弟くんが
【憎い憎い新選組】に向かって
「姉を助けていただいて、ほんまにありがとうございました」と
頭を下げるシーン。


あと...
つぐみさんが屯所で診療して
「心の臓がコトコトコトコト、元気に働いている音を聞くのは大好き。
 でも、冷たい風がヒューヒュー吹いてるのを聞くのは辛い」
「どっちなんです?」
「何が?」
「私の胸の音です。…コトコトですか。ヒューヒューですか?」

からの流れ。
胸がぎゅ~~~~~~~っとなる。
辛い。
きっとそれ以上につぐみさんが辛い。
そしてそれ以上に、沖田せんせいが辛い。


か~ら~の~!!!!!
1・2・3・「4!!(ドヤァ」 は天才wwwwwwww
心が悲しんだり笑ったり、どうしたらいいのか分かんなくなるwwwwwww

土方さんのオチの持って行きかた最高wwwwww
でもシメるとこはシメる。
沖田さんの刀の使い道も、「カンッ☆」は素晴らしいwwwww
流石、刀にかけては天才wwwww


シリアスシーンの直後に爆笑を持ってきて、感情が色々変わる。
そして最終的には、感動へ。
それが『キャラメルボックス』の作り方ですか…?凄い。

うん。まだ二作品しか観てないんだけど ←


でもね、手元にDVDがあと3作品あるのよ...ふふ...///
観たらまた感想書きます♪


風を継ぐ者では沖田せんせいとつぐみさんは
「どうかお元気で」で別れてたけど......
風は【少女マンガ】だから、どうなるんだろう......


「俺が本当に書きたいものが何なのか、見つけることが出来た。人間だ」
↑ これは脚本書いたかた・演じてるかた、全員が思ってるんじゃないかな///
好きなセリフです。



とにかくとにかくとにかく!!!!!!
良い作品でした!!!!!!



では。




「心にお留め頂きたきこと。
 この世に 沖田総司なる、とるにたらぬ男の風が 短く強く吹きしこと」


拍手

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
風を継ぐもの!
感想読んでますます観たくなったよ~っ
風の影響で池田屋の喀血にはビックリですなw
近藤さんが出てこないのが意外だわー。

そいや、ネットで見たからガセかもしれんけど
渡辺先生、五稜郭まで描きたい言ってたらしいよ。
という事は、洋装の土方さんが見れるかもって事だよね~♪(*´Д`)
うぃん 2012/06/11(Mon)09:50:18 edit
早くオンデマンド、ポチりなさい!!w
うぃんwww
コメ欄も含め、ここはネタバレの巣窟よwww
気をつけてwww

>渡辺先生、五稜郭まで描きたい言ってたらしいよ。

私も知ってる!
確か、永倉新八の子孫との対談で...って聞いた気がする。
『新選組永倉新八のひ孫がつくった本』(←こういう題名w)かな?
五稜郭も~板橋に永倉さんが碑を建てるまで、本当は描きたい。だっけかな。

うおぉ...!!!まじ描いてほしい...!!!
優しくなった鬼副長を...!!!
いろんなエピソードを...描いてほしい...!!!
お願いします~~~><!!!

 ちー
2012/06/11 23:54
いいよな。
ネタバレ発言、ここではしていいんだよな?
知らねえぞ?言うぞ?

上川土方のスキップが好きだ!!
なぜ必死になってこのDVDを探したかと言やあ、
どこに載ってたか忘れたがこの舞台の解説に
「上川演ずる土方のスキップ」の文字を認めたからに他ならん。
土方のスキップだぞ。
それを知って見ねぇ方があり得ねぇだろうが。

殺陣、上手いよなぁ。
惚れ惚れするよなぁ。
(完全に土方のみの感想だが許せ)

以下余談だが
上川氏の殺陣を堪能するに「蛮幽鬼」もいい舞台だぞ。
ちなみにこれには堺雅人氏や、まるこ先生があれこそ総司と謳った
早乙女太一の殺陣も拝める。
舞台俳優たぁこんなにも美しく動くのか、と思うぜ。
あれだな、舞台上の振る舞いの美しさってのは
やっぱり良いもんだよなぁ。(某歌手をふと思い出した)

長文失礼した。
鬼副長 2012/06/11(Mon)19:39:52 edit
いいですよ!!!!!w
スキップ・:*:・(ノ∀`●)・:*:・!!!!!
私の感想メモにも書いてありますwww
『 女ネタ×2/1・2・3・4!/スキップ 』www
爆笑wwwおちゃめ過ぎwwww

【土方のスキップ】
言葉だけで、もう凄いwww

殺陣の綺麗さって、
本当に戦ってる動き、プラス、魅せる動きとしての美しさ、ですよね。
時代劇とかでも、戦う動きに対して違和感がある殺陣は多いんだけど、
風を~は完璧に上手かったよ~///
\びゅーてぃほー!!!!!/ ←先生w

>「蛮幽鬼」
>ちなみにこれには堺雅人氏や、まるこ先生があれこそ総司と謳った
>早乙女太一の殺陣も拝める。

ふくちょ!!!何と有益な情報!!!
ありがたいです~♡♡
皆さん、どこで情報を得ているの...?w
凄いなぁ!!
渡辺先生は早乙女太一くんを褒めてたのかぁ~!!
女形の綺麗さと、座頭市の印象が強かったけど、
殺陣も凄いのかぁ.../// 見てみます!!

>あれだな、舞台上の振る舞いの美しさってのは
>やっぱり良いもんだよなぁ。(某歌手をふと思い出した)

Mさんでしょうか?///
彼もまた、シンプルでいながら無駄の無い美しさ。完璧です...!!!
\びゅーてぃほー!!!!!/

長文、いくらでも!!!!
 
   ちー
2012/06/11 23:11
拍手文からコッソリ送ろうと思ったけれど。
盛り上げるにはこっちに書くべきかな?

私は「新選組」像も、それぞれの人物像も
残念ながら『風光る』のイメージで
固まってしまっているので、個人的には
その続編の『裏切り御免!』の方が
より面白いと思った人間なんだな^^;
(『風を継ぐ者』ももちろん面白いけどねっ)

昨年続編の『降り注ぐ百万粒の雨さえも』を
実際に生の舞台で観て「おぉっ!」って思ったのが
殺陣シーンの照明。人が斬られる時に一瞬暗くなって、
赤い光が人物に照らされるの。
DVDじゃ分かんなかった←

>電話BOXが四角
それは気づかなかったな!
前の席にこだわらないでたまには後ろの席で
舞台を堪能するのも良いのかもしれないな~

というか貸出中で今手元にDVDがなくて浸れないの( ̄∀ ̄)
つぐみさんと沖田さんそんな会話してたっけ??汗

そんでもって2001ver.があるのに初演ver.を
オンデマンドから注文かけたのに未だに連絡来ないよ…っ!!(*ノノ)
「上川隆也出演してるDVD買ったら貸す」という約束を母としているので
これもすぐに手元からいなくなる予定w



鬼副長さんが書かれている「蛮幽鬼」
渡辺先生が早乙女太一さんを絶賛したお話は知っていましたが
作品名は初めて知りました!
チェックしてみよう^^


じゃぁ、引き続き残りの3作品の感想もよろしくっ  ←
2012/06/11(Mon)21:07:41 edit
壁|*´ェ`*)チラッ
>盛り上げるにはこっちに書くべきかな?

べき!!!w
ありがとう!!!!めっちゃ嬉しい♡

うぉお!!!続編...!!!!!
早く観たい~~~!!!!!!!

殺陣シーンの赤い閃光、良いよね!!!
ギャー!!!ってなるよね。
実際血出てないんだけど、それを想像させるって凄いよね。
※池田屋KAKKETSUも、コレで。
ギャアァァァァ━━━━━━(|||゚Д゚)━━━━━━!!!!!! ←
【6/14追記:KAKKETSU、青い照明でした!!! 勝手に脳内で赤くしてた自分にびっくり。脳みその記憶なんて曖昧なものですね...】

>>電話BOXが四角

あそっか!確かに床面は上からじゃないと見えないね!
近くは表情を生で見れて羨ましいけどね!!
色んな楽しみ方があるね(〃∇〃人)♪

>つぐみさんと沖田さんそんな会話してたっけ??汗

あれッ!?2001は無いの!!?
結構重要なシーンだと思ったけどw
ん?そもそもどこの引用セリフのことだろう?

おんでまんど―――!!!!!
もうほっといて、代官山行っちゃえば?w ダメ?w

ふくちょは優しい鬼ふくちょ♪

 ちー
2012/06/14 23:54
言い方に語弊があった。
すまん、先ほどの発言に誤解を生ずる表現があった。
>葉どの
まるこ先生が早乙女太一が殺陣を賞賛しているのは事実だが、
それがこの「蛮幽鬼」の舞台でのものを指しているわけではないのです。
先生が何をご覧になったかは不明だ。
参考のひとつとして蛮幽鬼でも早乙女太一の殺陣が見られる、と
そういう意味だったのだ。

すまん、騒がせた。
鬼副長 2012/06/11(Mon)22:09:04 edit
wwwww
ふくちょ優しいwww
そして、ふくちょと葉ちゃんが会話してる...///
コレよコレ...!!!この交流よ...!!!
ヽ(*・▽・)人(・▽・*)ノ♪
\びゅーてぃほー/ ←

 ちー
2012/06/11 23:43
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カウンター
プロフィール
HN:
ちー
性別:
女性
自己紹介:
中学で風光るにはまり、
少しでも沖田せんせいに近づきたいと
高校では剣道部に入った人。
京大に行くと寝言を言っていた時期もありました。
最近、史跡巡りが楽しい。
社寺仏閣も好きです。
Powered by Ninja Blog Photo by 戦場に猫 Template by CHELLCY / 忍者ブログ / [PR]